2011年ラスト音霊DD

音霊フライヤー

2011年8月21日

音霊フライヤー

2001.8.21.SUN
WAREHOUSE702 × OTODAMA901 ~ENDING BEACH PARTY 2011~
@OTODAMA SEA STUDIO(神奈川逗子)

Danny Howells from London
TOMOYUKI TANAKA (FPM)
DAISHI DANCE
森田昌典(STUDIO APARTMENT)
SATOSHI OTSUKI(Bigbeach11)
Daisuke Tsuda(O’TOOLE)
DJ tAisuke

http://www.otodama-beach.com/2011/live/08/#609

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

音霊DD、泣いても笑っても今年最後!

夏の思い出作りの総仕上げ!!

とは言え、
お盆のageHaで燃え尽きた感があり、
今回の参加は少な目かなぁと予想。

見事に悪天候とも重なり、気温も低く、
絶好の海日和(泣

2011年音霊DD最終日の逗子、くもり

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

今回もDDファンの盟友、
キムさんが焼いてくれたガレットを食べて
エネルギー補給!!!

ガレットビールセット

2011年の音霊3回とも、
横浜赤レンガ倉庫に寄り道してからの音霊参戦。

最後の決戦?に向けていざ音霊へ。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

逗子の海、暗い

うーーん、、、暗いし寒い。

ホントこんなんで激盛りできるのかなぁ。ガラガラなんじゃない!?

ってそんなこと心配無用なのが音霊DD(笑)

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

今回も逗子の写真、とは言っても曇り空のものばかりですが、
交えてイベントレポスタート。

逗子の浜辺

辺りが暗くなった18時45分からDDのDJプレイ。

早速魔法が掛けられる。

MITOMI TOKOTO

♪2Gether@Arena

激盛りトラックからスタート!

ハイッハイッハイッハイ↑↑

熱気も急上昇↑↑

“2Gether@Arena” MITOMI TOKOTO Super Mash Up!

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

♪In and Out of Love

ゆ~ゆ~ゆゆ~♪でも激盛り

まるでみんなが盛り上がることしか知らない人の集団みたい(笑)

Armin van Buuren ft Sharon den Adel – In and Out of Love (Official Music Video)

↑ オリジナル版ですがペタリ

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

MITOMI TOKOTO

♪Give It Up Now

来た!サンバ♪

音霊が南国の島に大変身w

“Give It Up Now” MITOMI TOKOTO Remix FREE!

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

はっはっはっ、、、ハル?ハル?ハル?

DAISHI DANCE remix...2

♪Haru Haru

砂の上を跳び跳ねる。

↑ 久々ノーマルに浸るのもイイね!

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

軽快で力強いビートが重なってくる。

これは、、、♪台風

PIANO project.

♪Typhoon

ちゃちゃんちゃちゃん♪
歌いながらのエアーピアノからサビジャーンプ↑↑

うぉー雄叫び♪

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

DAISHI DANCE remix

♪The Weekend

会場内激盛り巡業中に、不意打ち♪The Weekend

急いで中央前方に駆け込む。

イントロの一斉クラップで滑り込み。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

今日は曲の移りもペースが速い!

♪Club Can’t Handle Me

お馴染み。

Yeah!Yeah!YeahYeah,YeahYeah♪

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

MYDJBOOTH.

♪SAX@ARENA

オリジナルバージョン。

ハイアット大阪の武田真治ライブ楽しかっただろうなぁ。

激盛り具合は音霊DD負けない自身あり(笑)

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

Kaskade

♪Angle On My Shoulder Reaver 76

♪Reaverの迫ってくる感じがめちゃいい!

うわーおー↑↓、、、うわーおー↑↓、、、

一回やっちゃったから最後までやり切るしかない(汗

スクワットをやるかのように体を上下、
周りに引かれてもおかしくないくらいの劇盛り↑↑

Reaverサビメロではエアーシンセ。

忙しい(笑)

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

音霊を引いかたちからパシャリ

♪Shampoo

ようやく落ち着いた。。。

♪Shampooのロングリミックス?

移動しながら至る所で盛り上げる巡業再開。

パパパっの手拍子楽しい。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

MYDJBOOTH.

♪MY LIFE

NoNoNoNo、、、リピートしてる間に前線復帰(汗

イントロのエアーピアノからのNoNoNo,No~No~↑祭り

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

Limited Express「Party Line」

♪THIS MOMENT(Limited Express remix.)

締めはやっぱり♪THIS MOMENT

みんなでなんちゃって英語で大合唱(笑)

もう汗ダラダラ。。。

“This Moment 2011” MITOMI TOKOTO Super Remix for LIMITED EXPRESS Preview!

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

そんなあっさりと終わるはずもなく、
アンコールは、

Spectacle.

♪Find My Way

もうすっかり定着したWayWayリピートバージョン。

こちらもなんちゃってで歌い切る。
(こんだけ行ってんのにいい加減覚えなきゃと書きながら思った(汗))

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

まぁその後も、
スタアパの森田さんにバトンタッチして
キマグレンのクレイ登場。

3回の音霊、3回ともプレイの♪LIFEで、激盛りMAX↑↑↑

逗子の海、本日波なし

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

それでも聞き足りないお客さん。

HaYeah,YeahYeahYeah

♪LIFEの大合唱が延々と続く。。。

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

2011年最後の音霊DD、
DJプレイのラインナップはこんな感じでしたー

  • 2Gether@Arena
  • In and Out of Love
  • Give It Up Now
  • Haru Haru
  • Typhoon
  • The Weekend
  • Club Can’t Handle Me
  • SAX@ARENA
  • Angle On My Shoulder Reaver 76
  • Shampoo
  • MY LIFE
  • THIS MOMENT(Limited Express remix.)
  • Find My Way

1時間ちょっとという短い時間でも
十分お腹一杯になれるアツアツのパーティーだった。

音霊の左手はカフェ

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

やっぱり音霊はいい!

海の開放感から来るのかな?
箱で聞く以上に激しく、熱い。

砂の上で飛び跳ねるのも気持ち良いよね。

2011年音霊DDを終えて、やはり自分の中での評価は変わりなし。

音霊DDは年間を通して一番好きなイベントだぁー!!

音霊で買ったショットのお酒

ひえひえ乾杯、養命酒の味(笑)

▽ ▽ ▽ ▽ ▽

ラストショット。

ポークジンジャー、、、つまり、豚の生姜焼きw

海で食べるとなんかいつも以上に美味しく感じる。

ポークジンジャー

海の家での食事も音霊の魅力。

来年も音霊DDあるといいなぁ。


過去の日記( ..)φ

2009年3月から日記を書き続けています( ..)φ
もっと前のDAISHI DANCEのイベントレポや曲情報などをご覧になりたい時はこちらからどうぞ


2 thoughts on “2011年ラスト音霊DD

  • 2011年8月25日 at 10:26 PM
    Permalink

    ついったーはやってないもので、コメントさせていただきます。
    まずはセットリストありがとうございました。

    感想…
     思ったよりつなぎやスクラッチが多くて少々とまどいました。こーゆーのがクラブの音楽ってもなんだな、と認識いたしました。DAISHIさんの楽曲は、CDに収められている時点では「クラブの音楽なんだー!」という自己主張があまりないほうだと思うので、なるほど、こんなふうにつなぐのか、とかいろいろ思うところはありますね。 
     OTODAMAの公式HPにも書かれていましたが、履物はやはりサンダルでしょう。できるだけ低いヒールがよいと思います。
     しかし、盛り上がりすぎてサンダルを脱いで放置して踊っていた人たち(女性ですね)がちゃんと帰れたか心配です。「1年1組 ◎◎」とか書いてあるわけじゃないから、そのあたり、注意しなければいけないかも。
     もう少し時間が欲しかったかな。およそ1時間半、もう少しDAISHIさんのかけたい曲を聴いてみたかったです。そのわりには翌日けっこう疲れていました。ageHa参加は体力的に無理かも。始発で帰れればなんとかなるかもしれません。5時ごろに人が減る、というようなことはありますか?

     以上、まとまりなくてすみません。ひとつ言えるのは、行ってよかった、ということです(^^)

  • 2011年8月27日 at 12:21 PM
    Permalink

    すみません、ひとつ訂正をば。
    「DAISHIさんの楽曲は、CDに収められている時点では「クラブの音楽なんだー!」という自己主張があまりないほうだ」と書いてしまいましたが、そこまでは言い過ぎでした。おわびして訂正いたします。踊らなくても楽しむことのできる曲も多数ありますが、彼自身はそうは思っていないだろう、とブログ読んでて感じたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。